社員教育サービスの特徴

他の企業で接客のトレーニングを受けるサービス

社員教育と聞くと、自分の会社の社員を育てるために行われる研修の事を指す事が一般的です。しかし、最近では接客に特に力を入れている他の企業に、自分の会社の社員を研修に向かわせる事のできる委託サービスが流行しています。 他の会社に研修を受けさせに行くことによって、今までに気づかなかった自分の良い点や悪い点を他社からの目線で知る事が可能となり、スキルの向上に役立ちます。例えば、VTRを利用した第一印象に関するトレーニングを行う事により、トレーニング前後の自分の第一印象の変化を映像で見て知る事ができます。 また、日本語的に正しく、かつ感じの良い言葉遣いを身につけることによって、相手から良い印象を持たれる話し方を身につけることができるようになります。

豊富な教育経験だからこそ可能なアドバイス

外部の企業に社員研修を委託する形の教育方法は、会社の設立からの年月が浅い、比較的新しく誕生した企業で効果を発揮します。社員教育のノウハウが確立していない状態で自社で研修を行っても大きな効果を見込めないという理由がそこにありました。 社員教育サービスでは、ビジネスでは当然のルールである名刺の渡し方から受け取り方、そして表情の作り方など、相手にいかに好印象を与える事ができるかを重点的に指導してもらう事ができます。 また、最近多い教育依頼としては、メールや電話による丁寧な対応を指導してもらうように要請されるといった依頼です。電話やメールでは相手の表情が一切見えないため、僅かな言葉遣いの乱れや口調がビジネスの成功、失敗を左右しますので十分な教育が必要です。