社員教育のメリット

社員教育のメリットは就業規則とOJTを補完できること

会社が社会に貢献をして業績を上げていくためには、働いている社員のレベルを高めていく必要があるでしょう。会社といっても、その活動を決めているのは一人一人の社員です。各社員のレベルを上げるには、就業規則によって基本的な規範を決めて守ってもらうことが大事ですし、各職場での上司などによる指導、そして実際の仕事を通じての育成も大切なはずです。 しかし、それだけでは時代とともに変わっていく会社に求められることをカバーしきれないかもしれません。そういった時に役に立つのが社員研修ではないでしょうか。情報セキュリティー対策、ハラスメント対策等コンプライアンスに関わることや、マイナンバー対応等の制度変更時における社員研修は役に立つでしょう。

社員教育を通じてロイヤリティーを高められること

社員研修をどのように有効に使っていくかは会社によって違いますが、共通する目的の一つとして社員のロイヤリティーを高めることが挙げられるでしょう。ロイヤリティーは忠誠心と訳されますが、社員研修は、会社に属していることに誇りを持ってもらうツールとして役に立つと考えられているようです。 例えば、全員参加の研修の中で、会社の経営理念や事業計画を理解することによって、どのような方向に会社が向かっているかを共有することができ、社員一人一人の行動を会社が目指す一つの方向に向かわせていくことが期待できるでしょう。また、参加している社員も、会社が目指す方向に共感できれば、その会社で働いていることに誇りが持てるかもしれません。